Dental treatment menu

虫歯治療

補綴・メタルフリー

歯や歯肉の黒ずみ。経年変化対策にもメタルフリーが有効

メタルボンドクラウンなど自由診療を選択しても、時間が経過するにつれて歯や歯肉が黒ずむことがあります。

これはクラウンの下地に使用している金属イオンが溶け出したために起こると考えられています。溶け出した金属が歯肉や舌、唾液を通じて体内に取り込まれると、金属アレルギーのリスクも高まります。

黒い筋(ブラックマージン)ができることも

修復物に金属を使用している場合、歯と歯肉の間に、ブラックマージンという黒い筋ができ、審美性を損なうこともあります。これは、経年変化により歯肉がやせて下がったために芯の金属が露出することによって起こります。

ファイバーコア、ジルコニアオールセラミックなど非金属系の素材を用いることで、ブラックマージンを防ぐことができます。

レイヤリング

レイヤリングとは、コンポジットレジンという樹脂を、層をつくるように重ねていく手法です。コンポジットレジンは、エナメル質にも象牙質にも接着することができ、さまざまな色のレジンを重ねていくことで自然な仕上がりを実現することができます。
注目されるコンポジットレジン
コンポジットレジンは、金属やセラミックスに比べて柔らかく減りやすく、耐久性が低いと言われていましたが、適切なメインテナンスを行えば、機能が維持できることがわかってきました。また、リペア(修復)できることも大きなメリットといえます。

ヒールオゾン

ヒールオゾンとは

感染した歯は柔らかくなり非常に脆いです。一般的な歯科治療ではその全てを削ってしまうのが現状です。そしてその削る治療自体が歯の神経への刺激となり、神経が炎症を起こしてしまうこともあります。そうなると最終的には神経を取らざるを得ないケースにも繋がってしまいます。
オゾンガスには強力な殺菌効果があり歯の内部まで99%以上を除菌することができます。そして、虫歯などで一度柔らかくなってしまった歯に再び固さを取り戻すことができます。除菌することで、歯の崩壊が止まり、歯は再石灰化をはじめます。

根管治療

マイクロスコープを使い、精密な根の治療を行います。また、ヒールオゾンを使用して通常では 届かない範囲の除菌も合わせて行い、歯質を強化・保護することができます。